ロゴデザインは企業の顔、制作は社内よりも外注で

ロゴマークは企業の顔です。有名企業は皆、例外なくロゴマークを持っており、独自の絵柄を見る事で消費者は一目でその企業名とサービス内容を頭で思い浮かべます。また最近は企業そのものではなく、新製品や新サービスに専用のロゴを制作する企業も増えて来ました。本業とは異なるイメージの製品をリリースする時は、良い意味で本業とは切り離したロゴデザインをする事で、ブランディングが上手く行きます。

 

ロゴマークのロゴデザインを社内の人材に丸投げする組織もあります。確かに社内のスタッフに委託すればデザインの費用は掛かりません。しかし素人が見よう見まねでロゴデザインをすると結局失敗に終わる事が多いです。

 

せっかく新ブランドを立ち上げて独自のシンボルマークを制作したと思っても、肝心のロゴデザインをするスタッフが、いわゆる美術の素養に明るくないと他社のロゴデザインと丸被りしてしまったり、顧客にアピールする力が得られなかったり、コストを惜しんだ結果として企画がとん挫します。

 

重要な企画の場合、そのロゴデザインについては外部のスタジオに外注した方が賢明です。外部のデザイナーに依頼すれば独創性でアピール力に優れたシンボルマークを制作してくれます。