ロゴマークのデザインはシンプルにすることが作り方の大切なポイントです

会社やお店などのロゴマークは、デザインによって相手に与えるイメージが大きく変わるので注意が必要です。ロゴマークを作る時に大切になってくるのは、多くの人から目を引くデザインになっていることです。無意識でも目を引くようなデザインで作ることが大切で、制作する会社のイメージを大切にすることが重要になります。ロゴマークの特徴は、自社で取扱われている商品などにも描かれるためいろいろな場所で使われることをイメージしてデザインすることです。

 

デザインを決めていく時のポイントは、カラーから作るのではなく白黒でイメージし始めることが作り方のポイントになります。多くのカラーを取り入れた方が華やかなイメージだと考えますが、白黒でプリントをした場合にデザインが認識できない場合が少なくありません。カラーを使い過ぎず白黒でデザインを進めた方が、ハッキリ認識しやすいロゴマークを作ることが可能です。

 

カラーを取り入れる場合は、自社や製品のイメージカラーを取り入れると相手から認識されやすいロゴマークを作ることができます。派手過ぎないシンプルなロゴマークにすることも、作り方の大切なポイントです。他社の著作権を侵害しないことも、ロゴマークの作り方では重要になることになります。