ロゴデザインは手を抜いてはいけない

ロゴデザインは、その企業や店舗のイメージを決定づける重要なものなのです。

ロゴの依頼にはこだわろうロゴデザインをデザイナーに依頼する際は、打合せから開始されますが、その後はデザイナーにお任せするのではなく、しっかりと細かい部分までデザインの話を詰めていくことが大切です。そのためには、何回もデザイナーと打合せをすることが必要となります。そして、決して妥協をしないことが重要です。打合せが面倒だからと妥協してしまうと、企業や店舗のコンセプトとずれたロゴデザインが仕上がってきます。妥協せずにしっかりとデザイナーに意図を伝えることが重要です。

デザイナーが仕上げてきたロゴデザインに少しでも違和感を感じるようなことがあれば、デザインの変更を依頼しなければいけません。そして、納得のいくまでデザイン変更を繰り返して、思い描いているコンセプトとマッチしたものが仕上がってくれば、その時点でロゴデザインは完成ということになります。デザイナーと綿密な打ち合わせをして、何度も修正をかけていくうちに、最初は輪郭がぼやけていて見えなかった部分が、見えてくるようになるのです。そして、方向性も明確になります。ですから、ロゴデザインは決して手を抜いてはいけないのです。